大腰筋は重要?

大腰筋

大腰筋は重要と言われていますが、腸腰筋の一部を大腰筋といいますが、関節をまたいで股関節に付着していると言うちょっと変わった筋肉です。腎臓のすぐ横を通っているので腎臓との関係も深いと言われています。

 

特に持ち上げる際にも使用される筋肉なので腰の角度によってはぎっくり腰の対象筋でもあると言われています。動きでは股関節の運動に一番関与しているため股関節の運動をすると大腰筋は使用されやすくなります。

 

特に股関節を前に放り出す様な前屈動作の際に使用されます。腹筋でも腰をそって行う場合には腹筋が使われず腸腰筋が良く使われますが、腹筋では股関節の運動を体幹で行おうとして代償動作になる事から腰を痛めやすいです。

 

また大腰筋では、股関節を目いっぱい伸展させた状態から反動を使用する事でよく使用されますが、骨盤がより動きやすい左側の骨盤では腸腰筋が無意識動作で使用されやすいです。しかし右側の方が股関節が優位であるので右側の方が良く使われます。

 

エクササイズでは反動を使用しない方法が主に行われますが、エクササイズを日常の大きな動きの違いは反動を使って日常動作を行っている事です。

 

エクササイズもウォーキングでも大腰筋は使われやすい動きでもありますが、イマイチエクササイズしにくいのも骨盤が動いてしまったりするためです。骨盤が動かないように意識して行ってみましょう。

▲大腰筋は重要? 上へ戻る
大腰筋は重要? 先頭へ戻る