筋力エクササイズより成長ホルモン分泌

筋力エクササイズ

筋力エクササイズは重要と言われていますが、成長ホルモンを分泌させる事の方が重要なのはご存知ですか?

 

成長ホルモンは、思春期の頃多く分泌されるホルモンです。肌の艶や若々しさを保つために必要なホルモンですが、アンチエイジング(=抗加齢)の際に重要になっているホルモンです。

 

また、強烈に脂肪燃焼するホルモンと言われています。

 

筋力エクササイズでは成長ホルモンが分泌します。ウォーキングなどの脂肪燃焼エクササイズは、成長ホルモンが分泌しません。

 

その為、ウォーキングなどは直接脂肪をエネルギーに使っていかなければいけません。筋力エクササイズは、脂肪をエネルギーにはしないのですが、その分成長ホルモンを分泌するので、脂肪燃焼されると言われています。

 

筋肉量を増やすのも大切な事ですが、女性ですとムキムキになるのはイヤですので、成長ホルモンを分泌させるために筋力エクササイズを行うという目的で行う方がよいでしょう。

 

成長ホルモンが分泌することで若返ると言われています。やはり20代前半を境に、代謝低下や成長ホルモンをはじめとした、ホルモンの分泌量は年々低下してきます。そういった意味でも筋力エクササイズを行っていくのも重要です。

 

肌の照りと艶が断然違ってきます。

▲筋力エクササイズより成長ホルモン分泌 上へ戻る
筋力エクササイズより成長ホルモン分泌 先頭へ戻る