骨盤のゆがみを解消

骨盤

ウエストは骨盤のゆがみと関係が深いのはご存知でしょうか?

 

骨盤は内臓の受け皿にもなっているため、骨盤がゆがむと、内臓が下に落ちてくる様になります。

 

内臓の位置が下がると、内臓の働きも低下してくるので、体全体の消費エネルギー量も低下してきます。また下腹部まわりも内臓で重くなる為、下腹部を使いにくくなります。

 

そして、骨盤のゆがみは、内股の付け根にあるリンパの流れも悪くなるので、下半身の血液量やリンパの流れも悪くなりやすいです。

 

骨盤はウエスト・内臓から下半身まで、影響がある重要な骨です。

 

特にウエストは骨盤が開いた状態や閉じた状態で動きにくい状態ですと、ウエストの筋肉も動かしずらくなってしまいます。なのでウエスト周りに贅肉がつきやすくなってしまうのです。

 

骨盤周りに筋肉も多いので、骨盤の動きが制限されると筋肉の動きも制限されるので、ウエストや背中、お尻、太ももの筋肉まで活動量の低下になってしまいます。

 

特に活動量も多い部位なので活動量も低下してくると消費エネルギーも減ってくる為太りやすくなってきます。骨盤のゆがみを解消しながら、骨盤周りの動きも改善して行きましょう。

 

あなたも骨盤のゆがみを解消してみてはどうでしょう。

▲骨盤のゆがみを解消 上へ戻る
骨盤のゆがみを解消 先頭へ戻る