内臓に向かって押さえつける力が弱くなるの情報ページ

内臓に向かって押さえつける力が弱くなる

内臓

内臓下垂は腹圧と言う内臓に向かって押さえつける力が弱くなる事も関係しています。

 

簡単に考えても、内臓は重たいですから、内臓を支えておくために力を入れたりすることが重要なんです。腹圧は腹横筋が一番関係しているので、腹横筋のエクササイズが一番良いんです。

 

また骨盤のインナーマッスルも腹横筋の働きが良くないと動きが悪くなります。つまり腹横筋と骨盤のインナーマッスルは連動しているんですね。

 

よって内臓下垂を元の位置に戻す為にも腹横筋のエクササイズを行う事で、骨盤周りのインナーマッスルの働きが良くなり、結果的に内臓の位置も上がり代謝もあがる関係が成り立ちます。

 

ウエストも細くなるので、体にとっても非常に良い事です。

腹横筋は日常生活で働きやすい時は、笑った時です。笑うとお腹の奥の方が痛くなったりした事はありませんか?痛くなった筋肉が腹横筋です。あまり普段意識しないですよね?...

大腰筋エクササイズは、鉄棒などにぶら下がって、膝を曲げて足をあげる動作で良く使いますが、鉄棒にぶら下がるのも、ちょっと・・・・!両足を曲げた状態で、椅子に座って...

ウエストのくびれの為に飲む青汁だったら明日葉が良いのではないでしょうか。それは明日葉にはカルコンと言う体の流れを改善する成分が入っているからなんですよね。茎や根...

何故、半身浴は下半身のむくみや脂肪を燃焼するのに良いのでしょうか。それは身体の新陳代謝と関係があります。半身浴をする事で肌の毛細血管が広がって血行が良くなり新陳...

ルイボスティーはダイエット効果が高いのはご存知でしょうか?ルイボスティーはアンチエイジング効果も高いのですが、活性酸素の除去をしっかりやってくれるからなんです。...

きのこダイエットはご存知でしょうか?キノコには色々な種類がありますが、キノコは低カロリーな食材でほとんどが水分でできています。なんと9割も水分でできているのです...

▲内臓に向かって押さえつける力が弱くなる 上へ戻る

内臓に向かって押さえつける力が弱くなる 先頭へ戻る