内臓に向かって押さえつける力が弱くなる

内臓

内臓下垂は腹圧と言う内臓に向かって押さえつける力が弱くなる事も関係しています。

 

簡単に考えても、内臓は重たいですから、内臓を支えておくために力を入れたりすることが重要なんです。腹圧は腹横筋が一番関係しているので、腹横筋のエクササイズが一番良いんです。

 

また骨盤のインナーマッスルも腹横筋の働きが良くないと動きが悪くなります。つまり腹横筋と骨盤のインナーマッスルは連動しているんですね。

 

よって内臓下垂を元の位置に戻す為にも腹横筋のエクササイズを行う事で、骨盤周りのインナーマッスルの働きが良くなり、結果的に内臓の位置も上がり代謝もあがる関係が成り立ちます。

 

ウエストも細くなるので、体にとっても非常に良い事です。

▲内臓に向かって押さえつける力が弱くなる 上へ戻る
内臓に向かって押さえつける力が弱くなる 先頭へ戻る