有酸素運動で脂肪燃焼

有酸素運動

有酸素運動は簡単に言うと酸素が必要な運動の事を言います。例えば、ウォーキングが代表例です。逆に無酸素運動は、力を発揮する際、酸素を必要としないので、無酸素運動と言います。持久力がないのが特徴です。

 

物を燃やす際は酸素が必要ですが、脂肪も燃焼するのに酸素が必要になります。なので体に酸素を取り込める能力が高いと、脂肪も燃えやすい体質とも呼べます。

 

ウォーキングは酸素を摂取しながら脂肪をエネルギーに使いますが、昔は20分運動しないと脂肪を燃焼しないと言われてきましたが、現在では20分運動しないと脂肪燃焼しないという事はありません。

 

脂肪燃焼に適したスピードがあり、体力差によって違います。会話が出来るスピードまでならば脂肪をエネルギーとして使えると言われています。会話レベル以上の速さだと、有酸素運動ではなく、無酸素運動に切り替わってしまいます。

 

体力によって、会話が出来るペースというのは違いがありますので、意識しながら有酸素運動をしてみると良いでしょう。体調が良くスピードを上げる際は気持ちが良い時もありますが、実に脂肪をエネルギーとする有酸素運動のスピードは退屈の場合もあります。

 

色々工夫しながら継続してみるのはどうでしょう。

▲有酸素運動で脂肪燃焼 上へ戻る
有酸素運動で脂肪燃焼 先頭へ戻る